EPICSの.edlファイルを開く方法

EPICSはExperimental Physics and Industrial Control Systemの略で、加速器実験などで用いる様々な機器(電源、真空度計、温度計、ゲートバルブなど)を制御したり測定値を記録したりできるソフトウェア・フレームワークである。

以前から存在は目にしていて、とても便利そうなので気になっていたのだが、実際に使う機会がなかった。最近そういう種類の機会を得たので少しずつ調べたり学んだりしている。

コントロールルームなどで表示されているかっこいいGUIはEvent Display Manager (EDM)と呼ばれているらしく、その中身を定義しているのが.edlという拡張子のファイルである。edlはEDM display libraryのことらしい。

edlファイルを開いて使うには当該ファイルのあるところで

edm -x AAA.edl

などとすればよい。